【画像付解説】楽天ポイントを楽天Edyにチャージする手順(楽天ポイントカード・楽天カード共通)

楽天Edyはとても便利な電子マネーですね。コンビニやスーパーでも飲食店でも使えることが多くなってきたため、最近はほとんどの決済をキャッシュレスで行うことができています。

楽天カードも愛用しているため、楽天ポイントも貯まるので定期的に楽天ポイントを楽天Edyに交換したりしています。

さて、この楽天ポイントから楽天Edyへの交換はいたって簡単です。

専用サイトからポイント交換の申請を上げてFamiポートで受け取るだけです。

この手順はカードの種類に関わらず共通のやり方です。

持っているカードが楽天カード(クレジットカード)や楽天ポイントカードであっても同じ専用サイトにアクセスして同じ申請のやり方です。

なぜ共通である点をわざわざ強調するかというと、ポイント交換ではなく現金やクレジットカードで楽天Edyをチャージする場合は所有するカードによって少しやり方が違っているのですね(詳しくは関連記事を

楽天ポイントカードと楽天カードどちらがオススメ?実は異なる楽天Edyのチャージ方法から考える

2018.08.18

こういう違いがあったりするので、「楽天ってちょっと分かりにくい…」とイメージを持っている人も結構いるはず。

楽天Edyを使っている人ですらよく分かっていない人もいると思います。

今回は楽天ポイントを楽天Edyに交換する方法を紹介します。

楽天ポイントを楽天Edyへ交換する

①専用サイトからポイント交換を申請する

まずはポイントチャージの画面を開きます。

下段にある「ポイントチャージ申請」をクリックすると「チャージ申請へ」というボタンが出てくるので、そちらをクリックします。

すると、ログイン画面が表示されます。

ログイン画面で楽天のユーザID(メールアドレス)とパスワードを入力しログインしすると、「ポイントチャージ申請」画面が出てきます。

ここで楽天Edyを選択ボタンが出てきます。これはチャージするカードを選ぶボタンで、私の場合は楽天カードと楽天ポイントカードの両方を持っているので両方が表示されています。

どちらのカードに楽天Edyをチャージするかを選択します。

続いて、交換する(チャージする)ポイント数を指定する画面が出てきます。

希望のポイント数を入力し「申請する」ボタンを押すと、申請完了画面が出てきます。

これでポイントチャージの申請は完了ですが、これで終わりではありません。

続いて、申請して交換された楽天Edyをお持ちのカードで受け取りが必要です。受け取りにはファミリーマートにあるFamiポートを使います。

楽天ポイントの楽天Edyへの交換での注意点
  • 上限は1回あたり25,000ポイント一ヶ月に100,000ポイントとなっています
  • 申請してから30日間のうちにFamiポートで受け取る必要があります
  • 初めてポイント交換を申請した場合にはFamiポートで受け取れるようになるまで最大2日かかります

②Famiポートで楽天Edyを受け取る

続いて、申請した楽天EdyをFamiポートで受け取りを行います。

Famiポートのトップ画面はこんな感じ。左下のほうに「楽天Edy」があるのでタッチします。

以下のような画面が出ます。「Edyを受け取る」をタッチします。

チャージするカードをFamiポートにかざす案内画面が出ます。

カードをかざすと、以下のように申請していた「ポイントチャージ ¥100」が表示されますのでタッチします。

※同画面にある「楽天カードEdyチャージ ¥10,000」は別途クレジット払いで申請していた分で、今回のポイントチャージとは別の分です。後述の通り、楽天カード(クレジットカード)限定のチャージ方法です。

確認画面が表示されてチャージが完了します。

【注意点】期間限定ポイントは交換できません

楽天カードを使っていると期間限定ポイントが結構貯まりますが、残念ながら楽天Edyに交換できません。

期間限定ポイントは、付与されてから40〜45日間となっています(毎月中旬の15日前後に付与されて翌月末まで有効)。こちらは楽天市場での買い物に使えますし、ミスドでも使えますので無駄なく使いましょう。

私の場合、重たくて運ぶのが大変な水やお米を買っています。

私は炭酸水はサントリーを買うことが多いです。お米は最近は玄米を意識して買っています。玄米は白米に比べて精米が少ないので無農薬を選んでいますが、この「ファーム前田屋」さんのお米はとても美味しかったです。

【関連記事】実は異なる!楽天ポイントカードと楽天カードの楽天Edyチャージ方法

今回は楽天ポイントを楽天Edyへ交換する方法を紹介しましたが、普段、現金やクレジットカードを使って楽天Edyをチャージする場合は所有するカードによってチャージ方法が異なります。

その違いというのが、今回のようにFamiポートを使った受け取りで、楽天カード所有者はできて、楽天ポイントカード所有者はできません

これは結構盲点です。私自身、キャッシュレス生活を進めようと楽天Edyのために楽天ポイントカードを使い始めたのですが、しばらくして使わなくなりました。

楽天カードと楽天ポイントカードについて、楽天Edyのチャージ方法の違いから比較した記事を別記事で書いていますので気になる方はこちらからどうぞ

楽天ポイントカードと楽天カードどちらがオススメ?実は異なる楽天Edyのチャージ方法から考える

2018.08.18

iPhoneユーザだったこともありおサイフケータイのようにチャージすることもできませんでしたし、専用リーダーとパソコンを使ってチャージは面倒、

それだったら散歩がてら近くのファミマに行くほうが楽だから、ということで、Famiポート受け取りがある楽天カードに切り替えましたが、それからは楽天Edyのヘビーユーザーです。

楽天カードポイント還元率も1.0%と高いですからメインのクレジットカードとしても十分使えますしね。

楽天Edyを使う場合にはFamiポート受け取りができる楽天カードを持っておくことがオススメです。