PiTaPa(ピタパ)の申込方法、カードタイプ比較

pitapa

PiTaPa公式HPより引用

PiTaPa(ピタパ)を申し込みたい方、種類が色々あって悩みませんか?

PiTaPa公式HPをご覧になるとわかるように、PiTaPaベーシックカード以外にも、提携カードとして、鉄道系カード、航空系カード、銀行系カード、生活系カードなどがズラリ

2016年1月時点で、提携カードを含めると、29種類ものカードが発行されています。

選ぶのに選択肢があり過ぎて悩むPiTaPaカードについて比較をしています。

【各カード共通】入会金・手数料、ポイント付与

カードタイプの比較の前に、各カード共通の「入会金・手数料」と「PiTaPaのポイント」について書いておきます。

入会金・手数料は実質無料

入会金・手数料は実質無料となっています。

ただし、1年間に一度もPiTaPaの利用がない場合には、維持管理手数料がとられます。維持管理手数料は1,000円(税抜)です。

切符代やショッピングで1年間に一度でも利用していればこれはとられません。

 

【注意!】保証金預託制PiTaPaカードは前払が必要

保証金額(万円) 4 8 12 16 20
1ヵ月間の交通 ご利用枠(万円) 1 2 3 4 5

PiTaPa公式HPより引用

なお、「保証金預託制PiTaPaカード」は少し違います。このカードは保証金として前払いが必要です。

入会金・手数料は他のカードと同様、1年に1回でも利用があれば無料になりますが、事前に保証金を納めておく必要があるのです。

保証金は上記の通り、利用枠(金額)の4ヵ月分を納める必要があります(1ヵ月のご利用枠1万円の場合、4万円が必要)

性質は異なるものの、事前にお金が必要になるため注意してください。

 

店舗決済時にPiTaPaを使うとポイントがつく

PiTaPaは店舗でのショップ利用時にポイントが付く仕組みになっています(『ショップdeポイント』)。

店舗利用100円につき1ポイントが付与され、ポイントは、500ポイント毎に50円分の交通費として割引されるという形になります。

PiTaPaは全てポストペイ方式で、交通費とショッピング利用額を後払いでまとめて精算する方式です。そのため、交通費として使うというより、毎月の後払い精算時に当月の利用額(交通・ショッピング)からまとめて割引がされるのです。

【注意!】保証金預託制PiTaPaカードはショッピング利用不可

この「ショップ利用時にポイントが付与される」というのがPiTaPaの大きな特徴ですが、保証金預託制PiTaPaカードはショップ利用(ショッピングサービス)ができませんので注意してください。上述の通り、保証金を前払いしていても交通利用のみに限られます。

【比較】カードタイプ一覧

カードタイプの比較ポイント

PiTaPaを申し込む方は定期利用を考えている方が多いでしょう。

しかし、中にはPiTaPa定期利用ができないカードもありますので注意が必要です(数は少ないですが)。

そして、PiTaPaの最大の特徴である「後払いのショッピング枠」という一種のクレジットカードの機能が標準で付いてきますが(保証金預託制PiTaPaカード除く)、このショッピング枠「PiTaPaショッピング」とは別に、提携カード各社が用意しているのが国際ブランド(VISA、JCB、Mastercard)のクレジット機能付きのカードを

つまり、「PiTaPaショッピング」+「国際ブランドのクレジット機能」というクレジット機能がダブルで付いてくるカードがあるのです。

そのため、PiTaPaショッピングだけでいいのか、それとも国際ブレンドのクレジット機能付きがいいのかが重要な選択ポイントになってきます。

カードタイプ一覧全29種類

以下にPiTaPa公式HPで紹介されているカード全29種類のカード一覧です。

分類 カード名 PiTaPaショッピング クレジット(国際ブランド) 定期利用 オンライン入会 カード運営
ベーシック PiTaPaベーシックカード × スルッとKANSAI
保証金預託制PiTaPaカード × × × ×
鉄道系 STACIA PiTaPa PiTaPaのみ or クレジット機能付 阪急阪神
e-kenet PiTaPa クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 京阪カード
KOBE PiTaPa PiTaPaのみ or クレジット機能付  KOBEカード協議会(神戸市、山陽電鉄、神戸電鉄等)
OSAKA PiTaPa(Lite) PiTaPaのみ or クレジット機能付  大阪メトロ
minapita PiTaPaのみ or クレジット機能付 南海電鉄
KIPS+PiTaPa クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) 近鉄
京都ぷらすOSAKA PiTaPa クレジット機能付きのみ 大阪メトロ
航空系 ANA PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) ×  ANA
JMB KIPSカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) ×  JAL
銀行系 STACIA+sa-ica クレジット機能付きのみ × × 池田泉州銀行
minapita+sa-ica クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 池田泉州銀行
ICクレジットカード KIPS「三菱東京UFJ-VISA」 クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 近鉄
ICクレジットカード KIPS「三菱東京UFJ-VISA ゴールド」 クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 近鉄
105 BESTIO KIPS クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) ×  百五銀行
MIE BANK PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 三重銀行
たんぎんPiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 但馬銀行
南都PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 南都カードサービス
JP BANK カード PiTaPa クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × JP BANK
KANSAI CARD PiTaPa クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) ×  関西VISAカード
生活系 三井住友PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 三井住友カード
みなとカード PiTaPa クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × みなとカード
はぴe PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × 関西電力
AOYAMA PiTaPaカード クレジット機能付きのみ × × 青山キャピタル
Papas PiTaPaカード・Mamas PiTaPaカード クレジット機能付きのみ × × 青山キャピタル
VISSEL KOBE CLUB MEMBERS PiTaPaカード クレジット機能付きのみ × × 青山キャピタル
TS CUBIC PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × トヨタファイナンス
UC PiTaPaカード クレジット機能付きのみ(PiTaPaカードとクレジットカードは別々。2枚1組) × クレディセゾン

PiTaPa公式HPより引用、筆者作成

【まとめ】PiTaPaの選び方

PiTaPaを検討される多くの方が定期利用だと思います。

定期利用だけでいいのであれば「ベーシックカード」がシンプルです。

ベーシックカードでもショッピング枠(限度額:1日3万円、1ヵ月5万円)があるので通勤途中にコンビニや自動販売機等ちょっとした買い物だけであれば十分でしょう。定期利用だけを考えるのであればベーシックカードがオススメです。

一方、がっつり買い物をする、支払いはクレジットでポイント貯めるという方は、国際ブランドのクレジットカード機能が付いたものを選ぶとよいでしょう。

鉄道系であれば、自社百貨店での利用時にはポイント優遇がありますので、よく使う百貨店が発行するPiTaPaカードを選んだほうがいいでしょう。普通に考えれば、定期利用する鉄道会社のPiTaPaカードがいいとは思います。しかし、ポイントを貯めるのには大きな買い物をどこでするか?を優先して考えたほうがいいですので、例えば、京阪沿線に住んでいても阪急百貨店が好きという方は、STACIAカードを作ったほうがいいかもしれません。

あと、PiTaPa機能だけでも審査が必要になりますので、どうせなら国際ブランドのクレジット機能を付けてショッピング枠を広げておくという考え方もあるでしょう。

【知っ得】PiTaPaにまつわるエトセトラ

PiTaPaがなぜポストペイ方式なのか皆さんはご存知でしょうか。日本全国を見ても、交通機関発行のICカードでポストペイ型なのはPiTaPaだけなんです。その理由について書いた記事がこちら↓

PiTaPa(ピタパ)がポストペイの理由、ICOCA(イコカ)はプリペイドなのに
PiTaPa公式サイトより引用 関西圏のICカードといえば、ICOCA(イコカ)とPiTaPa(ピタパ)。 登場した当初は、ICOCAはJR沿線...