楽天カードで投資信託がクレジット払いで購入可能に。しかも楽天ポイントもきっちりつくぞ

楽天がまたまたやってくれました。

何かというと、楽天カードのクレジット払いで投資信託するとポイントも付けますよ、ということなのです。

私は楽天のヘビーユーザーですが、またまた楽天を使う理由ができちゃいました。

ほんと楽天経済圏の引力はすごい!

今年はヴィッセル神戸にスーパースターのイニエスタも連れて来るし楽天が熱いですね。

楽天カードで投資信託が買える(2018年10月27日〜)

楽天カードで投資信託が買えることの素晴らしさというのは投資信託を買いながら同時に楽天ポイントも貯められるということ。

普通は投資信託を購入するときには証券口座にお金を入れてその口座から買うわけでポイントが付くなんてことはありません。

それが買い物をするのと同じようにクレジットカード(楽天カード)で投資信託を購入できるようになり、買い物と同じようにポイントまで付いちゃうということなのです。

これは楽天だからこそ始められたサービスで、楽天証券と楽天カードの組み合わせだけです。

楽天証券での投資信託購入を楽天カードでクレジット決済ができて、楽天ポイント1.0%(100円につき1円)が手に入るというわけですね。

証券会社もクレジットカードも持っている楽天グループならではのサービスですね。

楽天証券で投資信託を楽天カードで買うときの注意点

楽天カードを使って投資信託を買う際の注意点というのが幾つかあります。

楽天カードで投資信託購入時の上限

毎月の購入額の上限は50,000円/月です。つまり、付与されるポイントは50ポイント/月

年間60万円の積立が可能で、年間6,000ポイントが貯まるわけです。

2018年から始まった「つみたてNISA」の年間積立上限が40万円ですのでそれ以上あります。

つみたてNISAを使う場合には十分な金額ですね。

積立設定で購入する

積立購入で購入する形になります。

投資信託の買い方は大きく2種類あり、好きなタイミングで自由に金額を指定して購入する「通常購入」と呼ばれる買い方と毎月決まった金額を指定日に購入する「積立購入」という買い方がありますが、楽天カードのクレジット決済での後者の積立購入での購入となります。

あらかじめ決めておいた積立額が翌月の指定日に自動的にクレジット払いになり、その後、クレジットカードの請求が行われるという流れです。

具体的には、毎月12日までに翌月の積立額を設定しておいて、翌月1日にクレジット払いで積立が行われるようになります。その後、楽天カードのクレジットの請求日の27日にクレジットの口座から引き落としされます。

翌月の積立額の設定の締め切り(12日)というのが割と忘れやすいので注意が必要ですね。

この積立設定のタイミングは前月中旬までが一般的です。私は他にもひふみ投信で積立購入していますが15日締め切りです。

さらに楽天ポイントで投資信託が買える

楽天は既に楽天ポイントで投資信託が買えるようになっています。

楽天ポイントといえば、楽天市場での買い物や店頭での楽天カードでの決済などで日常の色々な場面でポイントを貯められますよね。

私自身、楽天カードをメインで使っていて、1%のポイント還元率でせっせとポイントを貯めています。

楽天市場での買い物でもちょっとした工夫で楽天ポイントをザクザク貯められて、実際に10%ものポイントをゲットしたこともあります

【楽天ポイント徹底解説】ムアツ布団を楽天で買ったらポイント還元率がすごかった話

2018.08.13

これで貯めたポイントを将来を見据えた積立投資にも使えるというのはとても良いですし、投資信託を始めてみようという人にも良いですね。

貯蓄だけではお金が全然増えない今の時代、投資をして資産運用をしないと増やせませんが、投資信託も含めて投資というものは元本割れのリスクがつきまとうものですが、ポイントから始めてみるのも良いと思います。

私はいきなり株式投資から入った口で結構痛い目にあった経験からも、ポイントで投資信託から買うというのは堅実な選択肢としてオススメです。

既に資産運用を行っている人にもポイント投資はオススメです。私自身、ポイント投資を活用しています(ポイント投資の実際の手順はこちらで紹介しています)。

貯まった楽天ポイントで投資信託が買える!実際に楽天証券でポイント投資をやってみたらすこぶる簡単だった

2018.08.19

楽天証券と楽天カードの合わせ技で手堅い資産運用を

楽天証券は投資信託商品が業界トップレベルの品揃えですし、購入手数料がかからないノーロード型投資信託本数も業界随一です。

投資信託には信託報酬などは別途かかりますが、購入手数料0円のノーロード型を選ぶのは基本ですが、楽天証券は十分に用意されています。

私は全米楽天インデックスファンドVTIを定期的に買っています。

もし投資信託だけでなく株式投資にチャレンジしたい方も株式売買手数料も安価なネット証券ですからとりあえず楽天証券から始めてみるのをオススメします。

ポイントで投資信託が買えるのは楽天証券だけですし、これからは楽天カード(クレジットカード)でポイント貯めながら投資ができるようになります。

そして、楽天カードはポイント1.0%(100円につき1ポイント)の高還元率のクレジットカードです。クレジットカードは一般的に0.5%(200円につき1ポイント)ですが、その倍のポイントがつきます。

楽天カードがあれば、楽天市場での買い物でもポイントを増し増しで貯められますし、楽天Edyを使えばキャッシュレスで毎日の買い物がとても楽になります。

楽天証券楽天カードは作っておいて損はないです。